水中灯

150cm水槽を少しいじりました(・∀・)
こちらが変更後。
150cm水槽

で、こちらが変更前。
使用前
分かりやすいですかね。
水槽奥に水中灯を入れました。
上部フィルターを使うと水槽奥側が暗くなるのが難点ですが、そこに水中灯を入れるとスカッと明るくなります。
120cmワイド水槽では以前からやってましたが、150cm水槽にも追加です。

水中灯は最近はLEDが流行りですが、中古で旧日成産業(現リスター)の水中灯を入手しました。
ただし、この水槽にはフィッシュルクスのような赤系の蛍光管は合わないので、普通の昼光色の40w直管を入れようかと思ったのですが・・・ちょっとアレンジして、こんなものを用意してみました。
LED
互換性のLED管です。
日成産業の水中灯は、ご存知の通りグロースターターなので、グロー球さえ外せばこの手のLED管が使えます。
まぁ本当は安定期も直結する加工をするのがベストではありますが、やらなくてもまぁ動きますから気にしない方向で。
6000Kの2500lmと言うスペックですが、気になったのはやはり色温度。
一般的な昼光色だと6500Kくらいですし、アクア用のLEDだと10000Kくらいのものが多いので、ちょっと黄色に寄るかなぁと思いましたが・・・
明るい
うん、これ、悪くないかも。

水槽奥側に点けると逆光が気になるかもですが、個人的には全然大丈夫。
(まぁ以前からやってて好きだから転用してるわけですしw)

ただ、この水槽については明るさを求めたってのもありますが、アルビノシルアロさんが「斜め泳ぎ」してたんですよ。
水槽正面に背中を傾けるように泳いでるので、おそらく水槽正面側が明るいことに起因してると思って、奥側に光を入れたかったのが一番の理由です。

期待通り、斜め泳ぎは止めてくれました♪
水槽も明るくなって、斜め泳ぎもしなくなって、一石二鳥ヽ(*´∀`)ノ


↓ランキング参加中。ポチ励みになります。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ

| NEXT>>